スタッフブログ

2019.07.10更新

皆さまこんにちはihi

暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

水分補給をしっかりして夏を乗り切りましょうねstar

 

さて、皆さまは妊娠中に起こる歯周病がある事をご存じでしょうか?

妊娠中はホルモンバランスの影響で唾液の分泌量が減り、歯肉炎が起こりやすくなります。

およそ5~20週目くらいから腫れ、発赤、出血といった症状が起こり始め

32週目ごろで口臭や炎症のほかに虫歯にもなりやすくなるんです!ganbibibi

 

それだけではありませんよ!

歯周病菌であるポルフィロモナス・ジンジバリスは歯茎の血管から全身をめぐり

子宮内に達すると免疫細胞が反応し子宮を収縮させるホルモンを急激に増やして

最悪の場合早産を招く恐れがあるといわれているんです!!!

とても怖いですよね・・・uun

 

口腔ケアが大事なのはわかっていてもつわりが辛い時期は地獄・・・

歯科医院でのケアが難しい時は自宅でのしっかりホームケアが必要です!

もちろん体調に無理のない程度でflower2

①歯ブラシのヘッドはなるべく小さいものを選ぶ

②香りや刺激の少ない歯磨剤を使用する(それでもダメならなしで磨くのもOK)

③どうしても磨けない場合は洗口液を使用する

 

体調が安定してきたら必ず歯科医院での専門的な口腔ケアを受けるようにしましょうnicoleaf

 

以上、妊娠により絶賛増量中のスマーティーではないスマーティー仲田でした笑

投稿者: こばやし歯科