一般歯科・小児歯科

一般歯科

一般歯科について

一般歯科とは、虫歯や歯周病など、歯の病気の治療を目的に行われる歯科診療です。歯科医院にお越しになる方の多くが、この一般歯科を受診されています。虫歯や歯周病などの病気は、早期に治療を受けられれば、痛みが少ない状態で、短期間で治療を終えることが可能となります。また、ホワイトニング、入れ歯、インプラントなどの治療を受ける前に、一般歯科でお口の中を健康にしておくことで、より高い治療効果が得られるようになります。

堺市南区で歯科のことならお任せください。

歯周病治療

歯周病とは、歯と歯茎の間に溜まった歯垢(プラーク)内の細菌に感染することで、歯茎が炎症を起こす病気です。症状が進行すると、歯槽骨(歯の土台となる骨)が溶けて歯がぐらぐらと動くようになり、最悪の場合、そのまま抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は現在、高齢になった時に歯を失う一番の原因であるとされており、初期段階には痛みなどの自覚症状がほとんど現れないことから、「サイレントキラー」とも呼ばれています。

詳しくはこちら

根管治療

根管治療とは、虫歯が進行した際に、できるだけ歯を抜かずに保存をはかる治療方法です。歯根の中には神経が通る細い管があり、これを「根管」といいます。根管内の死んだ歯髄(歯の神経)や汚染物質を除去し、清掃・消毒することで、可能な限り抜歯を回避します。

顎関節症

「口を大きく開けることができない」「顎が痛い」「口を動かすと顎から音がする」といった、顎の関節や筋肉の症状を総称して「顎関節症」と言います。顎関節症は生活習慣病的な側面が大きいため、患者様ご自身によるケアが治療のメインとなります。その上で、痛みや口が開かないなどの症状を改善させるために、顎の関節や筋肉に負担がかからない動きをご指導したり、サポーターを装着することで症状緩和をはかったりなどの治療を行います。

口腔外科

口腔外科とは、口腔内や顎、またその周囲の顔面などに現れる症状を、外科処置を中心に治療する歯科診療です。堺市南区にある当院では、

  • 虫歯が原因の歯茎の腫れの処置
  • 腫れや痛みの原因となる歯の抜歯(顕微鏡の検査を必要としないもの)
  • 小さなできものの切除
  • 外傷などの口腔内の傷の処置
  • 歯の脱臼の固定
  • 歯が折れた時の処置

などを行っております。
なお、顕微鏡の検査を必要とするものにつきましては、大学病院などをご紹介させて頂きます。

親知らず

親知らずとは、正式名称を「第三大臼歯」と言い、永久歯が生え揃った後に、奥歯の一番後ろから生えてくる歯のことです。人によっては、生えてこない場合もあります。通常、永久歯は15歳前後で生え揃いますが、親知らずは10代後半から20代前半に生えてくることが多いため、「親に知られることなく、生えてくる歯」であることが名前の由来であるとされています。
親知らずが正しい位置に生えており、ブラッシングなどのケアがきちんと行える場合には、基本的には抜歯する必要はありません。ですが、斜め、横向きなどに生えてきて、歯茎の腫れや隣の歯の虫歯の原因となっている場合には、抜歯を検討する必要があります。そのほか、妊娠中は麻酔の使用などに制限があることから、妊活中の女性などは事前に親知らずの抜歯を検討されることをおすすめします。

また、当院は難抜歯にも対応しております。ご相談ください。

小児歯科

小児歯科とは、お子様の歯の病気予防・治療を目的とした歯科診療です。お子様に「歯科医院は怖いところ」というイメージを植え付けないように、スタッフ一同できる限りの配慮をして治療にあたっております。お子様の口腔内のケアはもちろんのこと、心のケアにつきましても、精一杯対応させて頂きます。

堺市南区でこどもの歯科なら当院へお任せください。