インプラント

インプラントとは

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合の治療として、従来は、入れ歯やブリッジ(歯と歯に橋をかける)が主でしたが、現在ではインプラント治療がそれに取って代わりつつあります。
インプラントとは「埋め込み」という意味で、金属で作った歯根を埋め込み、骨としっかり結合させ、その上に義歯を被せますので、従来の入れ歯やブリッジに比べ、天然歯と遜色のない使用感や咬む力が得られます。

現在、インプラントの材料には、体に安全で最もアレルギーの少ないチタンという金属が多く使われ、それ以外には、骨を移植して歯根を復活させる方法等もあります。

堺市南区でインプラント治療なら当院までご相談ください。

インプラント治療の流れ

Step1カウンセリング

カウンセリングを行いながら、まずは患者様のお悩みやご希望を聞かせて頂きます。

矢印

Step2診査・診断

患者様のお口の中の状態を知るため、歯型を採ったり、レントゲン撮影を行います。

矢印

Step3治療計画

治療への希望(期間や費用)なども含めて治療計画を立てていきます。
ご質問やご不明な点があれば、お気軽にお話ください。

矢印

Step41次手術

人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込む手術を行います。抜歯程度の痛みが伴いますが、局所麻酔を行います。

矢印

Step5抜糸・安静期間

一次手術後1~2週間程度たってから、様子を見て抜糸します。同時に患部の経過を確認します。
人工歯根と顎の骨との結合を待つ期間です。経過状況によって個人差がありますが、一般的には下顎で2~3ヶ月、上顎で3~6ヶ月かかります。この期間、歯がない状態がないように仮歯を使用することもできます。

矢印

Step62次手術

人工歯根と人工歯をつなぐ支柱を取り付けます。この状態で歯ぐきが治るまで、1~6週間ほどの安静期間を置きます。

矢印

Step7人工歯の装着

人工歯を取り付けます。

矢印

Step8メンテナンス・定期検診

定期検診や歯のクリーニングなど定期的なメンテナンスを受けて頂きます。

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎は、治療後の不摂生が原因で歯周病と同じような症状になることです。

インプラント周囲炎の予防なら、堺市南区の当院までご相談下さい。

インプラント周囲炎になる原因

主には、毎日のケアが不十分で歯科医院での定期的なメンテナンスを受けず、お口の中に歯周病菌が増殖し、インプラントを支える顎の骨に感染するため。
その他の原因として、

  • 全身疾患に関連した歯周炎(特に糖尿病)
  • 喫煙
  • 適切な噛み合わせの調整を受けていないこと

が挙げられます。

インプラント周囲炎の症状

  • インプラント周囲粘膜の発赤
  • 痛み
  • 歯茎の腫れ
  • 出血
  • 膿が出る
  • インプラントと歯茎の間の溝が深くなる
  • 歯茎の退縮(歯茎が痩せる)
  • インプラントの脱落

インプラント周囲炎を防ぐために

インプラント治療を受けたからOKではなく、治療後のメンテナンスが非常に大切です。歯科医院で定期的に検診を受けることと自宅でのブラッシングをしっかり行うことでインプラント周囲炎を防ぎましょう。