予防歯科

健康的で美しい歯を保つために

ここ日本でも徐々に「予防歯科」という言葉が浸透してきましたが、まだまだ「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」とお考えになり、虫歯や歯周病など、歯を失う原因となりうる病気が進行してからお越しになったために、歯を抜かなければいけないという方も少なくありません。

一方、「歯を病気から守るために歯科医院に行く」という考え方が広く認知されている、予防歯科先進国のスウェーデンでは、多くの方がご高齢になってもご自身の歯を維持されています。
日本の80歳以上の方の残存歯数が平均5本であるのに対して、スウェーデンの80歳以上の方の残存歯数は平均20本以上です。このことからも、天然歯の維持のために予防歯科がいかに重要であるかがおわかり頂けるかと思います。

口腔内のトラブルを未然に防止して、健康的な歯を維持しましょう

PMTC(歯科医師・歯科衛生士によるクリーニング)などのメンテナンスを定期的に受けることで、虫歯や歯周病などの病気を早期発見・早期治療することができます。虫歯や歯周病は初期段階には自覚症状が現れにくいので、特に定期メンテナンスを受けることが重要となります。定期メンテナンスを受けることで、病気を未然に防止することができるだけでなく、症状が進行してから治療を受けるよりも、痛みや費用などの負担を軽減することが可能となります。このように患者様の歯にとって様々なメリットをもたらしてくれるもの、それが定期メンテナンスなのです。

当院で行うケア・メンテナンス

PMTC

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」の略で、歯科医師・歯科衛生士が専用器具を使って、歯の表面に付いた歯石や歯垢(プラーク)をきれいに除去します。クリーニング後には、フッ素を塗布して歯垢などの汚れの再付着を防止します。
ブラッシングなどのご自宅での毎日のケアだけでは、奥歯の溝や、歯と歯の間などに歯垢が残ってしまう場合があります。そうしたセルフケアでは十分に落としきれない汚れも、PMTCであればきれいに除去することが可能です。

クリーニングについて詳しくはこちら

ブラッシング指導

患者様の歯の状態により、適切なブラッシング方法や、歯ブラシの選び方は異なります。ご自身ではきちんと磨けているつもりでも、磨き方に癖がある、歯に合った歯ブラシを使用していないなどの要因により、磨き残しが発生してしまっている場合があります。

こうした患者様にも、きちんとご自宅でセルフケアを行って頂くために、当院では患者様お一人おひとりに合ったブラッシング方法や歯ブラシの選び方などをご指導させて頂きます。

食事などの生活習慣のアドバイス

虫歯や歯周病を予防するためには、栄養バランスのとれた食事を規則正しく摂ったり、よく噛んで食べたりなど、日々の生活習慣を見直すことが大切です。当院では患者様の生活習慣を詳しくおうかがいした上で、病気予防に効果的な生活習慣をアドバイスさせて頂きます。

フッ素塗布(歯質強化)

フッ素化合物を歯の表面に塗布することで、歯質を強化し虫歯になりにくくします。また、フッ素化合物がイオンコートとして歯の表面を覆うことにより、虫歯菌が作り出す酸に溶けにくくなります。特に、生えたての乳歯や永久歯に対して高い予防効果を発揮しますが、大人の歯の病気予防にも効果的です。年に2~4回程度定期的に塗布することで、さらに予防効果を高めることができます。

シーラント(予防充填)

奥歯の溝は凸凹しているため、虫歯になりやすいとされています。その溝をフッ素化合物の樹脂で塞ぐことで、虫歯を予防します。

サホライド(虫歯の進行止め)

サホライドに含まれる銀とフッ素の殺菌作用と虫歯抑制作用により、初期の虫歯の進行を抑えます。サホライドはあくまで対症療法ですので、定期健診による経過観察が必要となります。

世代別虫歯予防

赤ちゃん

小さい子供(6才頃まで)は自分でしっかり歯磨きさせるのは無理ですから、歯ブラシに慣れさせるつもりで,仕上げに親がしっかり磨いてあげましょう。
※スクラビング法で磨いてあげましょう。その後に糸ようじを使ってあげると歯と歯の間の虫歯予防になります。

口腔内の状態

  • 乳歯が生えてくる
  • 唾液の量が多くなる

気になる口腔内のトラブル

  • 哺乳瓶による虫歯が増えてくる

ケアのポイント

  • ガーゼで歯面を拭く
  • ゴムブラシで清掃する

お子様

袋ごと抱えてお菓子を食べたりしてはいませんか?お菓子がお口の中にある間は虫歯菌が大活躍!ダラダラ食べはやめよう!!!バイキンに勝つ強い歯を作るためにはカルシウムを十分に摂る必要があります。
小魚を粉にして他の物と混ぜていっしょに食べるなど、少し工夫するだけでカルシウムを摂ることができます。

口腔内の状態

  • 乳歯と永久歯の交換期

気になる口腔内のトラブル

  • 乳歯の虫歯
  • 永久歯の虫歯
  • 治療歯の虫歯の再発
  • 歯肉炎の発症
  • 口臭が気になる
  • 乳歯と永久歯の交換期

ケアのポイント

  • 保護者の方による仕上げ磨き
  • 歯列に合ったブラッシング方法
  • フッ素塗布で虫歯予防
  • よく噛んで顎を鍛える(集中力強化)
  • 歯ごたえのある食べ物を食べさせる
  • 歯並びを悪くする癖が付かないように注意する
  • デンタルフロス併用による歯間部の歯垢除去
  • 正しいブラッシング方法で口臭を防ぐ
  • スナック菓子、清涼飲料水などを過度に与えない

推奨されるブラッシング方法

スクラビング法 歯ブラシの毛先を、歯面に90度の角度に当てて、小刻みに横に加圧振動させながら、歯1本ずつ移動させます。歯と歯茎の間の食べかすを、しっかりと掻き出すように磨いてください。
フォーンズ法 歯ブラシの毛先を、歯面に90度の角度に当てて、連続して円を描くように運動させながら、歯1本ずつ移動させます。歯と歯茎の間の食べかすを、しっかりと掻き出すように磨いてください。

成人

人と話していて一瞬いやな顔をされたことなどないでしょうか。自分では気付かないうちに人に不快感を与えている。それが口臭です。口臭の80%~90%は歯が原因だと言われています。また、喫煙も口臭や歯周病を悪化させるのでできるだけ控える様にしましょう。

口腔内の状態

  • 歯周病による喪失歯の増加
  • 入れ歯の装着

気になる口腔内のトラブル

  • 永久歯の虫歯
  • 治療歯の虫歯の再発
  • 歯周病の発症
  • 口臭が気になる

ケアのポイント

  • 虫歯になりやすい歯と歯の間の清掃は、歯間ブラシなどの歯間清掃具を使用する
  • 正しいブラッシング方法で口臭を防ぐ

推奨されるブラッシング方法

バス法 歯ブラシの毛先を、歯面に45度の角度に当てて、小刻みに横に加圧振動させながら、歯1本ずつ移動させます。歯と歯茎の間の食べかすを、しっかりと掻き出すように磨いてください。
ローリング法 歯ブラシの毛先を歯茎に向け、歯面で回転運動させます。歯と歯茎の間の食べかすを、しっかりと掻き出すように磨いてください。

ご高齢の方

歯がなくなってしまい、入れ歯を入れている方に朗報!
「うまく噛めない」なんてあきらめて、噛まずに柔らかいものばかり食べていると、咀嚼機能(噛む力)が衰えてきます。噛めるようになるまで歯医者さんに行って調節してもらいましょう。咀嚼機能が回復すると頭の回転も良くなり、もちろん美味しくご飯が食べられます。

口腔内の状態

  • 歯周病による喪失歯の増加
  • 入れ歯の装着
  • 入れ歯による口臭が気になる

気になる口腔内のトラブル

  • 永久歯の虫歯
  • 治療歯の虫歯の再発

ケアのポイント

  • 入れ歯を清潔に保つ
  • 入れ歯と残存歯のケア
  • 歯周病の発症

口臭予防

口臭が気になる方へ

誰かとおしゃべりをしていて、顔をしかめられたことはありませんか?知らず知らずのうちに人に不快感を与えるもの、それが口臭です。

口臭の原因の80~90%は、歯が原因であるとされています。また、喫煙も口臭を悪化させる原因となりますので、できるだけ控えるようにしてください。

歯科医院で治療できる口臭

入れ歯からの臭い

入れ歯を不衛生にしていると、口臭の原因となることがあります。ですので、毎日のご自宅でのケアだけでは落としきれない沈着物や歯石は、歯科医院できれいに除去してもらうようにしてください。そうすることで、口臭を改善・予防することができるようになります。

虫歯・歯周病から発生する臭い

虫歯や歯周病は歯の健康だけでなく、口臭にも関わってきます。ニンニクなど、臭いの強い食べ物を食べた後の口臭や、起床時の唾液減少による生理的な口臭は一時的ですが、虫歯や歯周病による口臭は、治療を受けて症状を改善させないと慢性的に続く可能性があります。ですので、口臭が気になる方は一度当院までご相談ください。虫歯や歯周病などの病気が原因で口臭が発生している場合には、それらを治療することで口臭を改善に導くことが可能です。